2011年06月05日

2011年株主総会

株主総会

今年度の株主総会は


特に原発にかかわっている企業は大荒れだとか。


しかし、よく考えてください。


反原発確かに、当たり前に賛成ですが


その代替品のエネルギー4問題が解決できていないはず。


この時期だからこそ


安易な発言気をつけてもらいたい。


そう願うだけです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110605-00000029-jij-bus_all


posted by ニュース at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

ぬるい日銀総裁

[東京 1日 ロイター] 日銀の白川方明総裁は1日、日銀金融研究所主催の国際コンファランスであいさつし、東日本大震災によるサプライチェーン(供給体制)の寸断、電力不足など供給面での制約要因は「企業努力により当初に予想されたより早く緩和されつつある」との見方を示した。

 日本経済は当面強い下押し圧力を受けているものの、「2011年度の後半より、世界経済の高成長を反映した輸出の増加や資本ストックの復興需要に支えられ、緩やかな回復経路に復帰すると期待される」と述べた。

 白川総裁は、「ジャストインタイム方式として知られる洗練された物流ネットワークを構築することで、部品・中間財の在庫を極小化し、競争力を高めてきた」日本企業が、震災によるサプライチェーン寸断で急激に生産を縮小せざるを得なくなった、と指摘。「ジャストインタイムとジャストインケース(有事への備え)のジレンマとも呼べるリスクが明らかになった」と述べた。 

 また、かつてシカゴ大で講義を受けたミルトン・フリードマン教授による「インフレはいつ、いかなる場合も、貨幣的現象である」との主張に言及。貨幣量の変化が長期的に物価上昇率に影響を与えるのであれば、デフレも貨幣的現象であり、中央銀行が巨額の資金供給で物価水準を引き上げることが可能、とする一方、「それは近年の日米での経験と整合しない」と指摘。デフレは貨幣的現象であるよりも、高齢化や労働人口の減少など経済の基礎的条件の構造的要因に起因するとの自説を示し、「マネタリーベースの大幅な拡大は、相応のマネーストック拡充や物価上昇をもたらさなかった」と結論づけた。



記事をそのままのせてもらいましたが


ぬるいです。



経済、ざっと見積もっても20パーセント減。


日本経済損失25パーセント。


私だったら、この原子力発電事故で

35パーセントも利益上げてその分補填するのに。



この事故がドンだけ希少価値あるのかわからないでしょうか。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110601-00000659-reu-bus_all
posted by ニュース at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

儲ける株なら東電

東電株終値、初の300円割れ=上場来安値に肉薄


お金に余裕があるかた


利益を上げる株


東電が買いですよ。


この瞬間を逃したら


後の大祭りですよ。


もう買っているかもね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110601-00000132-jij-biz
posted by ニュース at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。