2011年07月26日

なぜあせっているか中国 破滅への第一歩

<高速鉄道脱線事故>賠償金で犠牲者遺族と初の合意、金額は600万円―中国


今回の事故


早く事業を進めすぎたのか


自分たちの技術力を過信しすぎたのか


それとも経済成長に限りがみえたからあせってきたのか


いろいろな考え方がありますが中国そろそろ限界がきているのでは


ないでしょうか。


ごまかし、隠蔽、いろいろありますが


くさいものにはすぐふたをして地中ふかく埋めてしまえというように


みえました。


中国で原発事故でもおきたら

日本の数倍恐ろしいことが起きることがわかりました。



破滅のカウントダウン始まっていなければいいのに



こちらの記事もどうぞ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110726-00000016-rcdc-cn


posted by ニュース at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。